忍者ブログ

バイアグラの持続力

バイアグラを体験し、その効果、持続力を考える。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バイアグラの歴史


バイアグラを調べてみると、


シルデナフィル (sildenafil) はファイザーが製造・販売する勃起不全 (ED) 、および、肺動脈性肺高血圧症の治療薬。ED治療薬としてはバイアグラ (Viagra) という名称(商標)が、肺動脈性高血圧症の治療薬としてはレバチオ(Revatio)という名称が用いられている。投与はいずれもクエン酸塩の形態で経口にて行われる。

もともとシルデナフィルは1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まった。第1相臨床試験において、狭心症への効果は僅かであるが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売されることとなった[1] 。

1998年にアメリカ合衆国で販売を開始。発売直後からマスコミやインターネットなどで「夢の薬」「画期的新薬」と騒がれ、日本にも多くの個人輸入代行業者の手によってもたらされるようになった。

しかし日本では、同年6月頃より狭心症を患ってニトログリセリンなどの硝酸塩薬を服用している者(主に高齢者)が、個人輸入で入手して性行為を行った直後に心停止に陥り死亡する事例が数件発生した。このため安全性を図るべく医師の診断・処方箋が必要となる医療用医薬品として、米国での承認データーを用いる手法で極めて異例の短期間で厚生省に認可された。1999年1月25日に製造承認となり、同年3月23日よりファイザーから医療機関向けに販売された。


同じ薬でも用途によって名前が違うんですね。
これを開発した会社はさぞかし儲かったんだろーなー。

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/20 エースナニャ]

最新記事

最新TB

(12/23)

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

あわせて

あわせて読みたいブログパーツ
  • seo